Menu

0 Comments

2021/11/28  救い主(キリスト)の秘密   横田法路師

イザヤ9章1~7節   マタイ4章

1.旧約聖書の預言の成就

マタイ4:14はイザヤ書9章の預言の成就(700年以上前の預言が成就)です。福音(良き知らせ)の中心は、「聖書に書いてある通り」私たちの罪のためにイエス・キリストが十字架で死に、三日目に復活されたことです(Ⅰコリント15:3-4)。イエス様の生涯において大事なことは、神の言葉、預言の成就であったことです。

イザヤ34:16では、聖書をつまびらかに調べて読みなさい。み言葉は約束、預言で終わらないで実現する、成就するものだと言っています。私はマタイ福音書を丁寧に読んで研究し、とても感動を覚えました。マタイと旧約聖書がつながって一致しているのを見る時、「神様の言葉は美しいなー!」と思いました。 神様の言葉を中途半端ではなく詳細に読んでいく時に、驚くべき一致、人間のわざを超えたことが見えてきます。

2.暗闇の地に、大きな救いの光をもたらす神様の愛の計画がある

 イエス様の宣教の開始(マタイ4:14-17)はイザヤ9:1-2の成就でした。

3.旧約聖書の預言のさらなる深い成就=メシア預言もイザヤの預言の一部→救い主(キリスト)の人格と使命を明らかにしている 

「ひとりのみどりごが私たちのために生まれる。ひとりの男の子が私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は『不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君』と呼ばれる。」(6)

 これはメシア預言です。1-2節のガリラヤだけが成就したのではなく、6節はメシア預言の成就です。イエス様がどういうお方であるか明確に示しています。

①不思議な助言者wonderful counselor(素晴らしいカウンセラー)

 イエス様は私たちの悩みに耳を傾け、寄り添い、理解し、素晴らしいアドバイスをくださるお方です。

②力ある神 戦いに勝利を与える力

 イエス様は悪霊や病に著しい神様の力を現されました。それだけではなく私たちを罪の支配と死の恐れから解放する戦いに十字架の上で勝利してくださいました。イエス様が共にいてくださる時に生きる力と戦う勇気を与えてくださいます。

③永遠の父 「いつでもの父(どんな時も、父であることをやめない)」

 放蕩息子の父は父であることをやめませんでした。息子がどこにいるのかわからない時、どん底に落ち込んでいる時も父であり続けました。そして帰って来た時に両手を広げて迎え入れました。

④平和の君 真の平安を与え、平和をつくりだしてくださるお方

平和(シャローム)は充足です。個人に当てはめると「平安」、人と人との関係に当てはめると「平和」と訳されます。平安と共に、人と人との関係にも破れを修復し、平和を生み出すお方です。私たちが平和の道具として遣わされるために大事なことはイエス様が王であることです。王座をイエス様に明け渡し、お従いしていく時に、心に平和が訪れるのみならず、平和をもたらす道具となることができるのです。

 み言葉の成就のためにガリラヤが選ばれました。もう一つ理由があります。ガリラヤが暗闇の地だったからです。最も救いを必要としている場所であり、大きな光が最も輝く場所だったからです。神様はガリラヤの地をあえて選ばれました。これが神様の方法です。

 私たちも暗闇の中、どこに行けばいいのかわからない、神様の救いも届かないと思うことがあるかもしれません。でも神様の救いはガリラヤから始まったことを忘れてはいけないのです。あなたのガリラヤにおいて主の働きは始まるのです。

タグ: