Menu

0 Comments

2022/1/2  福音に根差した新しい生活  横田法路師

詩篇37篇1~6節  詩篇37篇5節

 人生は何によって形成されるでしょう。プレッシャーでしょうか、優先順位でしょうか。大きな違いが出てきます。私たちの優先順位はまず神様のみこころを求めることです(マタイ6:33)。その時、神様は私たちの必要も与えてくださいます。現代社会の特徴は自由です。自由は素晴らしい反面、プレッシャーや不安、恐れが高まります。その中でしっかり立ち事が出来るのは根をしっかり張ることです。2022年、神の言葉、福音にしっかり根を下ろそうではありませんか。時が来れば豊かな実を結ぶ生涯が実現していきます。

福音はグッドニュース(神様の側に重点、神様がしてくださったこと)です。グッドアドバイス(自分の行動に重点)ではありません。福音は勝利の知らせ、大きな喜びです(イザヤ52:7)。神様の支配が回復した知らせ、囚われ人には解放・自由の知らせです。

 福音の中心がⅠコリント15章3-4節に出てきます。福音とはイエス・キリスト、福音の中心は十字架と復活です。ある人たちは、十字架は敗北だと思いましたが、十字架の死と復活こそが神の勝利です。

 行いに依存した信仰生活は恐れや不安があります。それを終わりにしたのがイエス・キリストです(ガラテヤ2:16)。イエス様は100%みこころを行い、義を獲得されました。イエス様を信じる時、義の衣を着せられます。これが救い、喜びの知らせです。福音を聞いて信じる時から新しい生活が始まります。(合格や成功などの恵みはグリコのおまけのようなもの。本当に大切な恵みの本体は救われていること。オマケで一喜一憂することはない。)福音に根を下ろした生涯は、自由に大胆に、神様の恵みを味わい、喜びながら生きる生涯です。永遠の行く先は決っているのですから、思い切って生きようではありませんか。

福音に根差した新しい生活の中身はガラテヤ2章19-20節です。古い生き方は自分が中心でした。イエス様が人生の主、王となってくださる時、人生は大きく変わります。内におられるイエス様は、私たちを愛し、私たちのためにしもべとなり、命を与えてくださったお方です。このお方を私たちも愛し、信頼して従っていく時、素晴らしい人生になるのは間違いありません。

福音を聞いた人の新しい生き方の根本は、詩篇37篇5節です。「あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。」

 人生に起きた大きなことは自分がコントロールしたことではないと思います。コントロールできたことは、実際はわずかしかありません。自分がコントロールしなかったことに大きく影響を受け、変わっていきました。大事なことは、主に委ね、主に信頼し、主が成し遂げてくださる恵みを経験していくことです。その時どういうことが起きるでしょうか。

 イエス様は素晴らしい芸術家、巨匠です。私たちは神様の芸術作品です。人生には失敗や成功、いろんな素材があります。イエス様は素材を用いながら、私たちの人生を素晴らしい作品としてくださいます。神様の恵みの見事さを表現する作品として、私たちの人生が用いられるのです。まだ作品は完成していません。最後の最後まで神様と共に歩む中で作品が完成していくのです。

タグ: