Menu

0 Comments

2023/1/22  コネクトⅠ「主とつながる―主のことばを通して」  横田法路師

聖書 ルカ10章38~42節   中心 ルカ10章39節

1.キリストとみことばを通してコネクトする―祝福された人生の優先順位

 マルタはイエス様を喜ばせたいという動機で始めましたが、計画通りに進まず心が乱れました。「無くてならぬものは多くはない。いや、一つだけである」(42節、口語)。「一つ」とは、イエス様のもとにひざまずいてみ言葉を聞くことです。直前に「よきサマリア人」の話があります。この順番はとても意味があります。隣人を愛して生きようと願い、思い通りに進まないとマルタ状態になります。私たちは有限です。主の前に静まって聞くことが必要です。主につながる時、豊かな実が結ばれていきます。多くのことをしたからではありません。つながっているから多くの実を結ぶのです(ヨハネ15:5)。神のみ言葉に養われ、導かれていくなら、神様は祈り求めに答えてくださいます(15:7)。私たちの人生において最も大切なことはイエス様とコネクトすることです。

2.みことばを通して主との交わりの実際

 「シンプルだけど恵まれる15分デボーションの持ち方」(動画「牧師の小部屋」)

①備える:⑴場所・聖書・ノート・ペン、⑵祈り。

②聖書を開く:⑴一回一章読む(もう一回読み直す)、⑵心に留まったみ言葉を見つける。⑶そのみ言葉を書き出す。⑷み言葉が何を教えているのかを書き出す(自分なりの言葉で)。⑸今の私に聖霊が何を教えようとしておられるのかを聞く。⑹み言葉に応答して実践していく決心の祈り。

③振り返りと分かち合い

継続の鍵は他の人と分かち合うことです。できくても落ち込まあう、そこから立ち上がって再開しましょう。継続の鍵は再開することです。お互い励まし合って、みんなで一歩でも前進していこうではありませんか。

3.みことばを兄姉と語り合う交わりの中にいる幸い―愛とみことばに満ち溢れる教会へ

 自分の理解は正しいのか不安になるかもしれません。大丈夫です。交わりの中にいるなら、神様は必要なことに気づかせ、軌道修正してくださいます。

 私たちは神様から、神のために用いる特別な能力が付与されています(Ⅰコリント12~14章)。賜物には優先順位があります。

①愛:一番大事な賜物は愛です。教会を建て上げるはずの賜物が、愛がなければ競争、妬み、分裂分派を生みます。

②預言(14:1):預言とは神の言葉を語ること、分かち合うことです。神様はあなたを通して大切なみ言葉を届け、励まし、慰め、育てるために用いてくださいます(14:3)。

私たちの教会が主の愛と主のみ言葉に溢れる教会となっていきますように。そのことを通して、主とつながり、お互いがつながっていくことができたらどんなに幸いなことでしょうか。ぜひ、そのために祈っていきたい。

タグ: